消費者金融と銀行のおまとめローンの違い

MENU

消費者金融と銀行のおまとめローンの違い

各金融機関がおまとめローンや借り換えローンを取り扱っています。カードローンやフリーローンによっては、おまとめとは書いていなくてもおまとめを目的としてお金を借りることができるものもあるのです。多彩な商品が揃っていますが同じおまとめローンという名称であっても、銀行が取り扱うものと消費者金融が取り扱うものには少し違いがあります。

 

銀行が取り扱うおまとめローンは、現在の借り入れ先を特に指定していません。銀行カードローンの借り入れでも、消費者金融からの借り入れでもまとめてお金を借りることができるのです。

 

しかし、消費者金融のおまとめローンは、貸金業法に基づくおまとめとなっています。ですから、現在の借り入れは貸金業者からでないとまとめることができません。銀行カードローンをまとめることはできないのです。

 

とはいっても、消費者金融のおまとめローンも金利が低いものが増えています。またおまとめローンは利用者にとって利点がある借り入れとなりますので、貸金業法の総量規制を気にせず利用することができます。つまり、年収の3分の1を超えた金額であっても消費者金融からの借り入れをまとめることができるということです。

 

おまとめローン商品はたくさんありますが、このような特徴に加えて現在の借り入れしている状態によっても、どこでおまとめローンを申し込むのかということは絞れてきそうです。

 

おまとめローンでないカードローンなどをおまとめローンとして利用する場合は、申し込み時には必ず利用目的はおまとめであるということをきちんと伝えましょう。銀行カードローンなどでは、特に「おまとめできますよ。」ということを積極的にアピールしているものも少ないのですが、おまとめの申し込みをして可決になった方も多いのです。

 

通常のローンと同様に、金利や限度額のスペックと同じぐらい返済方法は引き落としなのかATM利用なのか、といったことも重要な決め手となります。比較時には再度まとめた後の返済計画を自分でしっかりと立てておく必要があるでしょう。それによって自然と借り入れ先は決まってくるはずです。