おまとめローンを選ぶ時には追加借り入れに注意

MENU

おまとめローンを選ぶ時には追加借り入れに注意

複数借り入れをまとめることで、より早く完済するということは今や常識になりつつあります。しかし、おまとめローンを選ぶ時には少し気を付けていないといけないポイントがあります。

 

借入残高がなかなか減っていかない理由に、返済してはまた借りてしまうという追加借り入れがあります。せっかく返済したのにまた借りてしまうことで、完済になかなか近づかないという状況があります。銀行口座のように気軽に出金、入金ができるというカードローンの特徴はメリットである反面、このように何度も借り入れをしてしまうという部分があるのです。

 

おまとめローンを選ぶ時には、最初から追加借り入れができないものを選ぶというのも一つの方法でしょう。返済しかできない状況にしておくのです。完済をするためには、目に見えて借入残高が減っていき返済モチベーションを保つということもとても大切なのです。追加借り入れができない状態に半ば強制的にしておくということもよいのではないでしょうか。

 

また、おまとめローンを利用する時の注意点としては、一つの借り入れ先からまとまった金額を借りることで信用度が高くなるという点です。「信用度が高くなるのなら、メリットではないの?」と考えるのですが、信用度が高くなったことでまとめる前の借り入れ先から「一旦完済されましたが、再度借り入れをしませんか?」という勧誘を受けることが多いのです。

 

しかし、ここで借りてしまうとせっかくまとめた一本化の意味がなくなってしまいます。複数借り入れに戻ってしまうわけですから、「絶対に借りない。」という強い意志が必要になります。

 

おまとめローンは、完済への近道として大変よい方法ではあるのですが、利用前に申し込み者がおまとめローンを利用する意味などをしっかりと考えておかなければ、全く意味のないものになってしまいます。追加借り入れをしたい誘惑にも、「どうして自分はおまとめローンを利用したのか。」という原点に立ち返る必要があります。