おまとめ前に注意すること

MENU

おまとめ前に注意すること

たくさんのローンから借り入れをしている時に、ローンをまとめたいと考えるものですね。借り入れ先を一つにする、あるいは減らすことによって返済額や返済日の負担を少なくする方法です。

 

毎月の返済がとても大変と感じている方や、完済にできるだけ早く近づきたい方にとって、有効な方法ではありますがおまとめローンを利用する前に注意する点があるのです。

 

おまとめローンを利用したいということは、すでに長期に渡って返済を続けているという方が多いですよね。長い間返済を続けているのに、なかなか終わらないことで解決をおまとめローンに求めることになるのです。

 

しかし、長期に渡って返済をしている場合に中には過払いが発生している可能性があるのです。過払いとは利息制限法の利率を超えた借り入れをしており、本来は返済が終了しているはずなのにそれを知らず返済を続けて、払いすぎの状態になっているものです。

 

過払い金が発生している状態でおまとめをしてしまうと、場合によっては請求できなくなってしまうこともあるのです。契約を解消していても過払い金が発生していれば請求できるケースがほとんどなのですが、おまとめローンにしてしまってからまた請求の手続きをとるよりもまずは自分に過払い金が発生していないかどうかを確認したほうがよいでしょう。

 

少しでも返済をラクにしたいと考えて、おまとめローンを利用することになりますが、大急ぎで申し込んでしまったために余計な手間が掛かることになったという方も少なくありません。なにより自分に過払い金が発生しているかどうかも知らないままに、おまとめローンを返済し続けている方もいまだ多数いると考えらえています。

 

まずは、自分の返済額などを再度みなおすこと、過払い請求を専門に行っている弁護士や司法書士のウェブサイトでは、過払いが発生しているかどうかを知ることができる引き直し計算が簡単にできるようになっているところもあります。直接法テラスなどに相談に行ってもよいかもしれません。とにかく、返済期間が長期に渡っている方がおまとめを利用する場合は、過払い金のことをまず考えてからのほうがよいでしょう。