借り入れを一本化する利点だけに注目しない

MENU

借り入れを一本化する利点だけに注目しない

借り入れを一本化するメリットは数多くありますが、何を優先させるかをしっかりと決めなければ結果的にデメリットをもたらす可能性もあります。

 

おまとめローンなどのメリットには、月々の返済の負担を減らすことがあります。また完済時期が近づくという点も挙げられるでしょう。現在の借り入れ状況や、金利、さらにまとめる先のローンの金利などによってはこのいずれのメリットも得られる場合があります。

 

しかし、おまとめローンを利用することで借入額が減るわけではありません。場合によっては、完済時期は遠のくというケースもあることを知っておく必要があります。ここで、完済を近づけたいからと月々の返済額をむやみに大きくしすぎると、返せない状況に陥ってしまうというリスクもはらんでいます。

 

そして、これも特に気を付けなければいけない点なのですが、月々の返済額を減らすことを優先した場合、毎月に支払う金額が減ったことで借金自体が減ってしまったと勘違いしてしまうことが多いのです。

 

借金が減っているからまた借りてもいいだろう、この考えへと流れていくことがよく起こるのです。実際に、借り入れを一本化できたということは信用度が高くなっているわけですから、以前の借り入れ総額よりも多く借りられる状況になっていることもあるのです。総限度額はアップしている状態ということです。

 

しかし、一本化をして完済を目指しているはずの人物がまた借りるという申し込みをした場合、一本化した会社側は「返済できない状況になったのか?」と疑うことになります。申し込みの状況などは個人信用情報機関でわかりますので、違う会社になら申し込んでもばれないという考えは止めておくべきです。

 

そして、もちろん一本化した会社は多額の貸し倒れを防ぐ必要がありますから、借入残高を一括返済するように請求することにもなります。「残額すべて今返済してください。」と言われてできるわけがないですよね。

 

おまとめローンには利点が多いことに目が向きやすいですが、その利点をしっかりと活かすためには利用者の「絶対に完済するのだ。」という強い意志がとても重要なポイントになるのです。